東五反田地区のまちづくり
HOME > 東五反田地区のまちづくり

東五反田地区の
まちづくり

由緒ある歴史を引き継ぎながら、東京の新しい顔となる東五反田地区
東京の歴史が息づく、大崎・五反田地区の街並み

東京の城南に位置する、大崎・五反田周辺の風情ある街並みは、江戸期に由来するもので、かつての大名屋敷や豪商達の別荘としての歴史を引き継ぐことにより閑静な環境を今に伝えるものになっています。明治初期になると、お隣の御殿山には当時最先端の煉瓦製造工場が生まれ、工業立国の礎となりました。その後も、国力向上に伴い、光学機器、窯業、化学薬品のさまざまな工場が当エリア周辺に進出し、今日に伝わる京浜工業地帯を形成してきました。このような城南の歴史を共有してきた、大崎・五反田地区では、由緒ある歴史と先端のテクノロジーが交差する地域として、ハイテク都市・東京の「顔」として、独自の地位を築いてきたのです。

東京の近未来と出会うまちづくりが、進行中。平成22年7月には東京サザンガーデンが完成

そして、大崎・五反田タウンマネージメントが当面対象とする、JR山手線「五反田」駅と「大崎」駅にまたがる「東五反田地区」においては、5街区を中心としたまちづくりが進展しています。平成13年7月には、リーディングプロジェクトである「オーバルコート大崎」が完成し、平成19年1月には「アートヴィレッジ大崎」が完成、引き続き平成22年7月には「東京サザンガーデン」が完成。そして、平成27年には「パークシティ大崎」が全体竣工し、緑と賑わいにあふれた潤い豊かな街へと発展しています。

「住みたい街、働きたい街、行ってみたい街」をコンセプトに。

東五反田地区においては、「住みたい街、働きたい街、行ってみたい街」を、コンセプトに、地域の核となり、東京の未来の一翼を担う街としてまちづくりが進められています。その開発においては、人の視線を考慮した建物のスケールや色彩構成、オープンスペースを核とした人の動線や街路の設計、目黒川と水と緑の関係性など、多彩な観点からランドスケープデザインが行われています。この街に暮らす人、この街に働く人、そしてこの街に訪れる人、すべての人々にとって心地よい、街の姿が生まれています。